布団のクリーニングを今までやったことがない!という方、結構多いんですよね。
私も、最近まで布団をクリーニングどころか、10年近く布団を洗ったことなかったですw😰

うちには、娘が二人いるんですけど、すごくお気に入りの布団があって、夏でも冬でもその布団を使っています。当然、匂いが気になってくるわけで・・・だから、洗濯しようと思ったんですがよく見ると「丸洗い不可」の文字が・・。そこで、コインランドリー?それともクリーニング?布団をどこで洗うのが良いのか、真剣に考えてみました。

 

布団をクリーニング出すか?それともコインランドリーで自分で洗うか?

auntmasako / Pixabay

布団をどこで洗濯しよう?って考えると、まず思い浮かぶのは”ウチでは洗えねー”ではないですか?私は、真っ先にそれが思い浮かびましたw

そして次に気になるのが、「一番安く済む方法は、どれなんだ!?」ですよね。

ズバリ・・・

 

コインランドリーで洗う方が安いです!!と言いたいところですが・・

コインランドリーでは、”洗えるものと洗えないもの”があります。

 

というか、「毛布以外は洗えない」と思ってください。当然、敷布団も洗えません。ですから、うちの布団も当然、コインランドリーでは洗うことができませんでした。

 

ということで、あっさりとコインランドリーで洗うことは諦めました。その代わり、クリーニングに出すことを検討し始めました。

✅そして、地元のクリーニング屋さんに持ち込むのか?
✅それとも、どこか良い宅配クリーニングを探すのか?

やはり、ここでもリサーチしてから決めることにしました。

 

地元のクリーニング屋さんに布団を持ち込むか?それとも宅配クリーニングにお願いするのか?

 

まずは、表を見てください。

地元のクリーニング店 リネット(宅配) リナビス(宅配)

1枚料金

3,200円 3,333円(3枚) 3,333円(3枚)
送料 無料(自分で持ち込み) 無料 無料
保管サービス なし 無料 無料

1枚あたりの値段は、地元のクリーニング店が一番安く3,200円。
ですが、自分で持ち込む手間があること、保管サービスがないことも忘れてはいけません。

一方、宅配クリーニングの大手2社(リネットとリナビス)は、値段とサービスともに同じ結果になりました。保管サービスがあるのが大きなメリットになりそうです。

保管サービスのメリットとは

夏から秋にかけて、布団も衣替えの時期なのでクリーニングに出す家庭も多いと思います。

そこで「時期が来るまで保管してもらい、時期が来たら連絡して持って来てもらう」こうしておけば、かなりの広さのスペースを確保することができます。

 

地元クリーニング店VS宅配クリーニングの軍配は!?

davidlee770924 / Pixabay

これは宅配クリーニングを使った方が便利なのは間違いなさそうです。

やはり、保管サービスがあるのは大きなメリットですよね♬

料金に関しては、地元クリーニング点の方が133円安いですが、”保管サービス”と”自分で持ち込まなければならない”事を考えると魅力的な料金とは言えないですよね。

 

宅配クリーニング大手2社の違いは??

それでは、大手宅配クリーニング2社を比較していきましょう!

先ほど表で見た通り、リネットとリナビスは料金とサービス内容も同じです。ですが、若干違いもあります。

まず1点目。保管期間が違います。

リネット→8か月  

リナビス→6か月  

 

そして2点目。クリーニングの質が違います。(10点満点)

リネット→7点

リナビス→10点

リナビスは、熟練した職人さんが揃っているのでクオリティは高い!!

いかがですか?どちらに魅力を感じますか?

 

あとは、好みの問題です!

ここまで来れば、あとは好みの問題ですよね。

とにかく綺麗な布団を追い求める方にお勧め
【おせっかいなほど綺麗を追い求めるリナビスはこちら】

 

できる限り長く預かってほしい収納を重視の方にお勧め
【布団クリーニングのニーズをとことん追求するリネットはこちら】

 

ここは、悩みどころですよね。

1つの判断として、

収納スペースに余裕があればリナビスを利用し、余裕がなければリネットです。
こう決めれば、即判断できます!

あなたのお家の収納スペースに余裕はありますか?
ここまで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

投稿日:2017年2月7日 更新日:

Copyright© 布団クリーニングは、どこでするべき!?【知らなきゃ損する】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.